ブラックリストの融資について

ブラックリストは絶対に融資不可?

ブラックリストの人向け融資について

ブラックリスト

 

 

キャッシングやカードローンなどでの現金調達をしている人が最も敏感に恐れるのがブラックリストですね。

 

ブラックリストとは、いわゆる事故情報のことを指す俗称のようなものです。
よく言われることですが「ブラックリスト」というものが存在しているわけではありません

 

ただし、やはり事故情報なので、新たな融資をしてもらえる可能性は限りなく低いです。

 

では、このブラックリストと呼ばれる事故情報はどこのだれが管理しているのでしょうか?

 

それは、個人信用情報機関です。

 

ここは個人がどのローンをいつごろ利用したか、返済状況はどうか、任意整理などの最悪な結末になってないかなどの記録を保管しており、銀行や消費者金融などの金融機関は、その保管してある情報を見て、過去の履歴を調べることができます。

 

ここで長期にわたる延滞を繰り返していたり、自己破産して借金の整理をしていたりしたら事故情報として取り扱われ、結果、いわゆるブラックリストに載ったというような扱いになります。

 

こうなると融資してくれるとことはほとんどない状態となります。

 

貸しても取りっぱぐれる可能性が高いと判断されるためです。

 

 

 

では、絶対に融資不可能かといわれれば、実は必ずしもそうとは限らないという見方もあります。

 

可能性は限りなく低くてもゼロではないということです。

 

というのも、別に金融ブラックの人に融資をしてはならないという法律も取り決めもないからです。

 

事故情報が大きなマイナスポイントであることは否めませんが、事故情報も審査する上での判断基準の一つにすぎません。

 

そうした判断材料を一つ一つ吟味し、最終的な結論を出すのは金融機関の融資担当者です。

 

もし、過去に延滞を繰り返していた時期があり、事故情報だと本人が絶望的になっていても、

 

その後、

 

〇安定した収入を何年にもわたって得ていたならば、
〇延滞記録が何年にもわたって存在しない状態になっていたならば、
〇家などの資産があったならば、

 

審査に通るという可能性もわずかながら残されているかもしれません。

 

ただし、やはり事故情報で融資してもらえる可能性は限りなく低いのは間違いないことです。
お金が必要であれば、もう少し視点を変えた方向で見て行った方が精神的には楽かもしれません。

 

例えば、仕事を変える、無職であれば仕事を見つける、親兄弟を頼るなどです。

 

遠回りに見えることかもしれませんが、他人の判断でその日の生活費にも事欠くような状況からは一日も早く抜け出すべきです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ