スピード審査について

カードは少ない方がいい

クレジットカードなどは少ない方がよい

お金を借りる際によく利用されるのがクレジットカードですね。
クレジットカードはそれ自体で買い物ができますし、キャッシング枠があればお金、つまり現金を引き出すことも可能です。
ちょっと大げさなことをいえば、お金が自由自在に使えますから、人によっては大きな気持ちになり、ついつい使いすぎるということもあるようです。
また、こうしたクレジットカードは勧誘も非常に熱心です。
何かのついでにクレジットカードを作るということも、現代社会では珍しいことではありません。
しかし、注意も必要です。

 

計画的に利用するというのはもちろんですが、むやみに枚数を増やさないことも非常に重要です。
クレジットカードの場合、限度額分は自由に使えるわけですから、言い方を変えれば限度額分の借金があるのと同じことという見方もできます。
事実、クレジットカードを複数枚もっていたというだけで、一銭も使ってないのに限度額分の借金があるものとカウントされ、住宅ローン審査に通らなかったという人は少なくありません。

 

ですから、使う予定のないクレジットカードはむやみに作るべきではないのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ