当サイトは、お金を借りることを考えている方向けに、カードローン情報をご紹介するサイトです。

グレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは

金銭貸借における金利の上限を定めた法律に、利息制限法と出資法という2つの法律があります。

 

利息制限法は、金銭消費貸借契約から借主を守る目的で作られた法律で、ここで定められた上限金利を超えた利息を払った場合は、貸主に返還請求して良い事になっています。
また出資法は、賃金業者の貸し出せる金利の上限を定めた法となっています。

 

ここで数年前までは出資法の上限金利が29.2%となっているのに対し、利息制限法の上限金利が20%という矛盾が生じていました。この間の金利をグレーゾーン金利と呼ばれていました。

 

当時の消費者金融は、出資法に基づいて20%以上の金利でお金を貸していましたが、ローンの利用者が利息制限法を元に20%を越えた利息の支払いに対して、過払い金の返還請求を行いました。
この裁判において、司法は消費者を守るために、グレーゾーン金利は過払い金請求の対象という判例が出た為に、多くの消費者が相次いで消費者金融に過払い金請求を行うようになりました。
これにより、多くの消費者金融会社は経営の危機に陥ったり、倒産する企業も相次ぐ状況となりました。

 

現在では、出資法の上限金利も20%に引き下げられ、グレーゾーン金利はなくなりました。また一部の消費者金融は銀行の傘下に入ることにより、以前のような消費者金融は金利が高くて、取立ても怖い、というような悪いイメージは一新され、今では銀行の窓口でカードローンを契約できるようにもなってきています。


ホーム RSS購読 サイトマップ