保険の契約者貸付の場合

保険の契約者貸付

保険の契約者貸付

一時的に資金が必要になったけど、担保や保証人がない。厳しい審査がなく借りられる方法はないか、とお考えの方は、保険からお金を借りられる方法があるので、確認してみましょう。

 

生命保険の解約返戻金を担保として、契約している生命保険会社からお金を付制が受けられる仕組みを、契約者貸付制度といいます。
借りられる金額は、保険会社や保険の種類によっても違いますが、一般的には借りる時点での解約返戻金の70%〜90%となっています。

 

契約者貸付は、保険の解約返戻金の範囲で借りることになるので、一般の融資と違って特別な審査などはありません。
利子ももちろん付き、将来は返済しなくてはなりませんが、通常は予定利率に1〜2%足した程度となっており、カードローンなどと比較すると安い金利でお金を借りられるというメリットがあります。

 

しかし解約返戻金がある程度ないと貸付は受けられませんので、保険の種類や保険料を支払った期間によっても変わってきます。
いわゆる掛け捨てタイプの定期保険は、解約返戻金がほとんど無いタイプなので、契約者貸付は受けられません。終身保険や長期定期保険、年金保険や養老保険などが可能な種類となるでしょう。

 

また損害保険であっても、積立保険や貯蓄型保険など契約者貸付ができるタイプのものもあります。

 

なお、返済もある時に返せば良い仕組みとなっていますし、貸付を受けていても保障は通常どおりに付いているので、非常に便利な方法なので、検討する価値は大きいでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ