住宅ローン

住宅ローン

住宅ローン

家や土地などの不動産を購入する、建物を増改築するなどの目的で資金を用意する場合には、住宅ローンを検討する事になるでしょう。住宅ローンは基本的には購入する不動産を担保に入れる事によって大きな資金を用意できる借入れ方法で、一般の個人がお金を借りる上で一番大きな金額を融資してもらう方法になると思います。

 

使用目的がはっきりしている住宅ローンは、数十年の長期に渡るローンとなるため、金利や返済方法の設定が大切になります。大きく分けて固定金利タイプと変動金利タイプがあり、時代により長所・短所が出てきますが、金利の低い近年においては、金利が返済期間ずっと変動しない固定金利が有利と言えるでしょう。
また、高金利の次代に組んだ住宅ローンを固定金利のものに変更しようする住宅ローンの借り換えのニーズも高まっております。

 

住宅ローンにも様々な種類があり、銀行などの民間金融機関による民間住宅ローン、財形住宅融資などのほかに、目的を更に限定した、リフォームローンや住み換えローン、建て換えローンも住宅ローンの一種となります。
また、二世帯住宅の場合に多い親子ローンや、住宅ローンの決定がおりる前に手続きをスムーズに行う為のつなぎ融資などもあります。
住宅ローンの商品としては、以前は住宅金融公庫からの公的融資であり、現在は民間の金融機関の窓口でも売れられいるフラット35が有名です。こちらは35年もの長期固定金利の住宅ローンで、条件的には恵まれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ