当サイトは、お金を借りることを考えている方向けに、カードローン情報をご紹介するサイトです。

利子と利息の区別

利子と利息の区別

お金を借りるにあたって、金利の知識は絶対に付けておかなくてはならない大切な知識であると言えます。

 

借りたお金に対してかかってくるお金の割合を、金利・利率という呼び方をしました。
それに対して、借りたお金に対してかかってくる実際の金額は、利息という呼び方になります。

 

それでは、利子と利息についてはどういう使い分けをしたらいいのでしょうか?
まず利子も利息も基本的には同じ意味であり、例えば10000円借りた場合に100円をプラスして返済する場合は、金利・利率は1%で、利子・利息は100円という事になります。

 

利子と利息の使い分けは、貸す側と借りた側の立場の違いで使い分けることになります。
お金を貸す側、例えば金融機関からすれば「100円の利息を取る」といい、お金を借りた側は「100円の利子を払う」という表現になるわけです。
これが預金の場合になってくると、立場は反対になります。預金は個人が銀行にお金を預ける=貸しているのと同じ事になるため、銀行側からすれば「預金者に利息を払う」という事になるわけです。

 

金利というと、金利・利率・利子・利息と様々な呼び方があり、この区別を知らないだけで「金利はわからない」となってしまう事に成りかねません。ちょっとした知識を付けるだけで、金利の知識に対してパっと明るく晴れてくるのではないでしょうか?
金利については、更に大切な知識がたくさんあります。これらは、お金を借りる上で不可欠な知識となるので、確実に覚えていきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ